← メールマガジンもお読みいただけます。

縮小拡大

[ 掲示板のマナーについて ] [ 記事検索 ] [ 記事修正・削除 ] [ 携帯電話用URL ] [ 過去の記事 ]

はじめての方のメッセージも大歓迎です!
コンサートの感想や小山さんへの応援メッセージなどをお寄せください。
ピアノの好きのあなたに50の質問は=>こちらです!
小山実稚恵さんのピアノで聴きたい曲は?=>こちらです!

お名前 ※ハンドル名(ネット上の仮名)で構いません。
メール ※未記入で も構いません。
U R L ※未記入でも構い ません。(ブログの U R Lも可能です)
Icon Icon
タイトル
メッセージ
A,FONT,Bタグのみ使用できます
文字色
投稿キー 投稿キー を右の欄に入力してから”書き込みボタン”を押して下さい
パスワード
※パスワードを設定しておくと削除、編集が出来ます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]


はじめまして。
篠村 友輝哉
はじめまして。いままで勇気が出ず、書き込みを渋っていましたが、ようやく書き込む勇気が出てきました。
2010年は、ショパン・シューマンと同じく、小山さんの存在が、いつもに増して、大きな一年でした。これからもっともっと、大きくなっていくと思います。
今年は、オーチャードでのリサイタルを最後に、小山さんの実演を聴く機会はもうありませんが、25周年でのブラームス、きゅりあんでのラフマニノフ第3番など、記憶に、心に深く残るコンサートをたくさん聴かせていただきました。
またコンサートに行った際には、書き込ませていただきたいと思っています。
Date: 2010/12/06/17:29:15 No.3309

Re:はじめまして。
管理人@まさと
篠村さま

はじめまして。
掲示板のご利用をありがとうございます。
ピアノの好きのあなたに50の質問にもお答えをありがとうございます。
これを見させて頂くところでは、本格的にピアノを学ばれている学生さんの様ですね!
どうぞこれからも頑張ってピアノを続けてください。
また小山さんのコンサートを聴かれたら、是非感想をお寄せください。
これからも宜しくお願いいたします。
Date: 2010/12/09/19:27:12 No.3311


▲Top

田んぼの中の華麗なショパン!
柄澤尚孝
今やっと帰ってきました。君津市民文化ホールで行われた、曽我大介さん指揮東京ニューシティ管弦楽団による、小山さんの、オールショパン・プロフラム!しかもコンチェルト1番、2番とも、小山さんのこだわっておられる「ナショナルエディション版」。
しかし、遠かったです。片道JRで1,110円+君津駅から、タクシー1,800円!もっと駅や市役所の近くと思ってました。
当日券もあまっており、残念なことに客席は8割程度の入り。
私は、もちろん1列目12番。小山さんの演奏を後ろから拝見する絶交のポジション。
1曲目は「アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ。この曲は、アラウのレコードで聴いて以来。ライブは初めてです。
ピアノソロから始まり、コーダでオケが入るという珍しい構成です。小山さん、いつもながら、一瞬にして、精神統一されてました。指揮の曽我さんは、黒の頭巾に白いジップアップシャツとカジュアルな装い。ちょっと、とんこつラーメン屋のお兄さんみたいな格好です。小山さんはブラウンと光るエメラルドグリーンの玉虫色のドレス。いつも思うのですが、本当に曲目に合わせた素晴らしいコーディネートです。演奏は、協奏曲第2番、第1番の順で行われました。作曲年代を考えると、これが正しい並べ方なんですよね。こんなところにも、小山さんの「こだわり」が窺われました。ショパンのピアコンはいずれも長い前奏があります。何時も通り、小山さんは、オケのメロディーに合わせ、身体をあずけるようにしておられます。美しい長い髪が揺れ動きます。そして、和音の第一打!ショパンイヤーの最後を飾る華麗にして、繊細なピアノが歌い始めます。オケも鋭く金管、ティンパニを強奏、強打。このオケも指揮者もはじめて聴きましたが、ともすれば弱いとされるショパンのオーケストレーションという通説を跳ね返すような、小編成でも、キリっと締った演奏をします。指揮の曽我さんも、要所、要所で、小山さんとアイコンタクトを取りながら、実にシャープに音楽をまとめ上げています。それにしても一日にして、ショパンの2番、1番が聴けるなんてなんと素晴らしいことでしょう。アンコールもショパン。音楽って、本当に良いですね。それと地方のコンサートの良いところは、サイン会があることです。勿論、ホールのCD売り場は大混雑!
私はショパン2枚、ラフマニノフ2枚にサインして頂きました。
その時、小山さんが、「まぁ!ラフマニノフも」と仰いました。やはりお好きなんですね。「2月のベートーヴェンの『皇帝』は、バッティングでお伺い出来ません。次回は6月の文化村までお会いできませんが」と申し上げると、いつも通りのはにかんだような素敵な笑顔で応えてくださいました。
ホールを出ると房総の山並みが夕日に映えていました。ホントに田んぼの中のコンサート・ホール。でも、大満足でした。
Date: 2010/12/05/19:41:37 No.3308

Re:田んぼの中の華麗なショパン!
管理人@まさと
柄澤さま

千葉でのコンサートの感想をありがとうございました。
駅からかなり遠い場所だったようですね。
でも、その甲斐があったコンサートだった様ですね。
次は来年のオーチャードとのこと、どうぞ宜しくお願いいたします。
Date: 2010/12/09/19:23:54 No.3310


▲Top

オーチャードで聴きました!
fujisyujohn
まさとさん,こんばんは!
僕も渋谷オーチャードで小山さんの素敵なショパンとシューマンを聴きました!
もう「素晴らしい!」としか言えないですね。
しかもアンコールでまさかのバッハ!
シューマンが♯4つの曲なのでそれに因んでの選曲でしょうか。
小山さんのバッハは,ロマンティックで僕は好きです。

そしてそして!
ついにまさとさんのカメラに僕が収まりました!
敢えて,どの写真とは言いませんが(^^)
随分お近くにいらっしゃったんですね!!
Date: 2010/11/14/22:55:31 No.3303

Re:オーチャードで聴きました!
jacky
過ぎる2回、不覚にも伺えず、
1年半ぶりのオーチャードでした。
25周年記念のサントリーホールに引き続きの完売御礼とは、
すごいですね。

印象としては・・・
いかにもベテランの弾くショパン(草書)と、
若々しく新鮮なシューマン(楷書)と、
前・後半でかなり違う空気を感じました。

この24回シリーズでは
ほとんど毎回のようにシューマンを弾かれていますけど、
私がこれまで聴いてきた限りでは
今回の「交響的練習曲」がもっとも小山さんのピアニズムにハマってました!

そう、私もバッハの前奏曲はシューマンの変奏曲と嬰ハ短調で揃えた・・・と推理しました。
それにしてもバッハ、絶品でした。
Date: 2010/11/15/00:18:24 No.3304

Re:オーチャードで聴きました!
管理人@まさと
>fujisyujohnさん
こんばんは!
僕もfujisyujohnさんを存じ上げていませんが、きっとホールの中では何度もすれ違っているのでしょうね。
アンコールでのバッハは本当に素晴らしかったですね。
これからも宜しくお願いいたします。

>jackyさん
今回は起こしになっていたのですね!
洞察力の素晴らしいjackyさんの感想にはいつも読みほれてしまいます。シューマンの素晴らしい演奏には皆さん同意見ですね。
僕もあの素晴らしい音色がまだ脳裏に焼きついています。
また小山さんの演奏を聴かれる機会がありましたら、感想をお寄せ頂ければ嬉しいです。

Date: 2010/11/15/21:56:08 No.3306


▲Top

完璧な演出と演奏!
柄澤尚孝
今、オーチャードホールから戻ったばかり、興奮さめやらぬ中で書き込みしています。2列目中央左寄りの席だったので、ピアノの「音」を堪能できました。ピアノって、こんなに表現力があったのか!いや、それは小山さんのお力でもあるのでしょうが。
ホールはグリーンの非常灯を消し、小山さんの深緑のドレスが一層映えていました。これまで見た中でも最も美しいドレスなのではないかと思います。
実は家を出る前に、アルゲリッチのCDで「前奏曲」を、「交響的練習曲」をアシュケナージで聴いていたのですが、小山さんのショパンは、繊細かつ大胆!アルゲリッチ以上です。ただ、曲の途中、咳込む人が多かったのと、前の列の男性の整髪料の強い臭い、ポリ袋をガサガサさせる人が気になってしまいました。コンサートでは、臭いもエチケットの一つですね。
休憩をはさんで、いよいよシューマン。弾き始める前の小山さんの精神統一されたお顔が見えます。今度はしわぶき一つ無い、完璧な環境になり、小山さんが、ペダルを踏む音すら聴こえてきます。
最後の第18練習曲での盛り上がりは最高で、正にオーケストラを想わせるエネルギーでした。
アンコール曲については、既に他の方が書かれておりますが、「別れの曲」こんなにダイナミックな曲だったのか!と驚きを新たにし、ショパンの奥深さも感じました。
最後、ステージに出てこられた時、立って拍手をしていた私と一瞬、目線が合って、にっこりされ、大満足のコンサートでした。
Date: 2010/11/13/18:53:57 No.3300

Re:完璧な演出と演奏!
sotto voce
私も行ってきました。
ポーランド旅行から戻ってオーチャードでの音の旅にこぎつけました。

ショパンコンクールでたくさんのステキなショパンを
聴きましたが、今日、小山さんの演奏を聴いて、
コンクールの彼らが、ステキな演奏をしていても
やはり、巣立ち前のひな鳥。羽ばたきの練習をしている
ところなんだと、つくづく思いました。
小山さんの演奏やお姿が、当然なのですが
コンクールの彼らとは、全く違う、洗練されて
悠々として、演奏も、演奏家としても、美しいのだと
ステージ全体を通して感動しました。
この秋は、ショパンコンクールと今日の小山さんの演奏と
音楽三昧、ピアノ三昧で大満足です。
まだ、来月のコンサートも楽しみですが、今年は小山さんにとっても、大仕事をこなされ、印象深い年になられたことでしょうね。
来年以降も更なる期待がふくらみます。
Date: 2010/11/13/21:44:04 No.3301

Re:完璧な演出と演奏!
ラフさん
昨日の演奏、とても素晴らしかったです。私の席は2階サイドの前方でしたので、ちょうど良い角度から小山さんのお顔を拝見しながら大曲を堪能しました。
交響的練習曲はレコード時代から愛聴している曲ですので、小山さんがそれぞれの曲の表情を細やかに、そしてときには大胆に奏でる様子を1曲1曲かみしめながら聴くことが出来ました。ペダルの動きも良く解りました。
ただ、私も前半の咳の多さと、飴(?)の袋を開封するガサガサという音に集中力を削がれました。ホールですから遠い場所からの音もすごく響きます。私の廻りの人たちのマナーはとても良かったのですが…。
でもその他のすべてに満足したコンサートでした。ありがとうございます。
Date: 2010/11/14/11:21:53 No.3302

Re:完璧な演出と演奏!
管理人@まさと
>柄澤尚孝様

こんばんは!
オーチャードの感想をありがとうございました。
スタンディングオベーションされていたのは柄澤さんだったのですね。僕も小山さんに近い席だったのですが、別れの曲が終わったあとステージから小山さんがニコリとされたので後ろを振り返ったら立たれて拍手をされていた方がいました。
また是非小山さんの感想を宜しくお願いいたします。

>sotto voceさん
やはりオーチャードに来ていらしたのですね。
ポーランドからお戻りになられ、その余韻の中でのコンサートで感慨深いものがあったのでしょう。
来月のコンサートにも来られるのですね。また感想をお寄せください。

>ラフさん
感想をどうもありがとうございます。
2階席からちょうど小山さんが見れる場所だったのですね。
やはり冬場は咽がイガイガしたりしますね。
また是非感想をお願いいたします。
Date: 2010/11/15/21:30:38 No.3305


▲Top

音の旅の感想
ロシア音楽大好き
今回の演奏会で印象に残ったのは、シューマンです。長い壮大な曲なのは知っておりましたが、生で聞くとあっという間で、最後はもうオーケストラが鳴ってましたね。。。。あの集中力とフィナーレにつなぐ高揚感。。。ピアノ1台でオーケストラ規模の曲が聞けるのはなかなかありません。演奏前に小山さんがマイクで今回の音の旅と前回の関連性を説明してくださってましたが、納得!!!合点がいくプログラミングで、なんとも前回行けなかったのが残念でしょうがありません。先ほど述べさせて頂きましたが、シューマンが1番印象強く、これが前回のソナタとの関連性に納得し、起承転結とはまさに、このことなんだわ。と思ってしまいました。
シューマンのソナタもまさにオーケストラな曲ですよね。最終楽章はファンタジーそのもの。
なんとか今回は演奏会に行けて良かった!!
来年からは私の大好きな作曲家が頻繁に出るので、春、秋両方いけますように。
アンコールも本当にステキでした。でも東京公演がまだですので、終わり次第感想を述べたいと思います。ファンとしてはお楽しみはとっておきたいですよね。
Date: 2010/11/10/02:56:06 No.3297

Re:音の旅の感想
管理人@まさと
ロシア音楽大好きさん

シューマンのソナタはあまり聴く機会がないので楽しみにしています。最終楽章はとくに素晴らしい様ですね。
また来年の春の音の旅に日本へ帰国してください。

Date: 2010/11/10/20:38:04 No.3299


▲Top

秋の日の完璧なショパンとシューマン
山田兼士
久しぶりのいずみホールは小山実稚恵さんのピアノコンサート。今回も完璧な演奏を聴かせていただきました。前半はショパンの前奏曲集、後半はシューマンの交響的練習曲(遺作つき)。完璧、というのは、なにも技術的なことだけでなく(それもあるのですが)解釈の深さと的確さから来るニュアンスや情感の籠め方なども含んだ上でのことです。強弱のアクセントやテンポの動かし方や瞑想ぶり、爆発ぶり、歌い方、積み上げ方、流し方、などなど。よほど作品を研究しないとこんな演奏はできないだろうな、と(素人ながら)思わせる説得力と、文句なしに美しい音色。すごいものです。良い演奏を聴きました。アンコールはスクリャービン、ラフマニノフときて最後にショパン「別れの曲」。大サービスですね。最後に「別れの曲」なんというのは凡庸な演奏だと「いかにも」という感じになるのですが、本当にこの日が過ぎ行くのを惜しみつつ深い深い余韻を残す演奏でした。本人もおそらく会心の出来だったのではないでしょうか。ちなみに、このコンサートのイメージカラーは「淡い深緑」。衣装もそうですが、深まる秋のロマンティシズムが淡く淡く刷り込まれていました。
Date: 2010/11/08/01:17:56 No.3290

Re:秋の日の完璧なショパンとシューマン
管理人@まさと
山田兼士様

いつも素晴らしい書き込みをありがとうございます。
いずみホールでのコンサートはとても素晴らしかったとの事ですね!
僕は今度の土曜日にオーチャードへ行きますが山田先生の書き込みを読ませていただき、とても期待を膨らませています。
どうぞこれからも宜しくお願い申し上げます。
Date: 2010/11/08/19:14:57 No.3294

Re:秋の日の完璧なショパンとシューマン
山田兼士
まさと様

オーチャードホールは土曜なのですね。
先に書いてしまってすみません(アンコールの件はネタバレかも)。
ともあれ、良い演奏会になることと思います。
感想などお聞かせ頂ければ幸いです。
Date: 2010/11/08/23:09:21 No.3295

Re:秋の日の完璧なショパンとシューマン
管理人@まさと
山田兼士様

こんばんは!
書き込みをありがとうございます。
アンコールの件は大丈夫ですよ。
あちらこちらのブログでも書かれていますし。。。
とにかく土曜日を楽しみにしています。
Date: 2010/11/10/20:35:24 No.3298


▲Top

帰国
ロシア音楽大好き
帰国??なのか、最近はこっちが自宅なのかしらと。。日本をはなれ、10時間のフライトで着きました。

本当に行ってよかった。なんともステキな旅になりました。小山さんの演奏会にも行けましたし、なんのトラブルもなく順調な旅でした。
Date: 2010/11/09/13:49:04 No.3296


▲Top

大宮でコンサート中に地震!
柄澤尚孝
今晩、大宮で日フィルと小山さんのコンサートがありました。
チャイコフスキー・プログラムで、小山さんはパープルの素敵なドレスで登場。第一楽章が始まって5分程した頃、地震が!小山さんも、え?という顔をされてましたが、演奏はそのまま続行。
幸い余震もなく、カデンッアでは、豪快な演奏でした。それもあってか、第一楽章が終わると同時にパラパラと拍手をする人が…。(曲想がら、気持ちは分かりますけどね。)一転物思いにふけるかのような第二楽章。そして、ロシア!そのものの第三楽章。日フィルも名演でした。特に金管とティンパニの強奏、強打。時に音を割る位の迫力で、小山さんと一体になってチャイコフスキーを堪能させてくれました。小山さん、いつもの事なのですが、演奏後、少し困ったような、はにかんだ笑顔をされるんですよね。それが、とても奥ゆかしくて、うっとりしてしまいます。休憩時間、ロビーがもの凄い事になっていました。そうです。CDを買うと、コンサートの後で、小山さんがサイン会をして頂けるのです。迷わずチャイコのピアコンを購入。その後、交響曲第4番の空前とも言える白熱の演奏があり、サインの列へ。
今日の演奏のお礼と、来週の文化村、来月の君津にまた来ます、と挨拶をして、サインを頂きました。いやー、小山さんって、本当に良い方ですね。
Date: 2010/11/06/00:52:46 No.3285

Re:大宮でコンサート中に地震!
管理人@まさと
柄澤尚孝様

書き込みをありがとうございました。
僕は残念ながら大宮へは行けませんでしたので感想はとても嬉しいです。
そう言えば、この日地震がありましたね。丁度コンサートの最中だったのですね。
相当な場面になるまでアーチストの皆さんは演奏は辞めないでしょうね。やはりプロ根性と言うものでしょうか。
次は小山実稚恵の世界、2010年秋の最終章になるオーチャードでのコンサートですね!
皆さんとお会い出来ることを楽しみにしています。
Date: 2010/11/07/20:11:02 No.3287

日フィルさいたま定期
花葉
オールチャイコフスキーのプログラムを私も堪能しました!
そうなんです!小山さんが演奏を始めて間もなく地震がありビックリしました。客席も一瞬どよめきましたが、演奏が中断されず続けられて良かったです。小山さんも突然の事で大変だったと思いすが、アクシデントを全く感じない素晴らしい演奏でした。
今回はいつも感じる壮大さや力強さの中に、しなやかさや優しさのようなものを感じ、心打たれました。細かいパッセージでは、これから目にしそうな、紅葉した葉が日の光を浴びてキラキラと舞っているような、そんな美しいイメージを持ちました。クライマックスに近づくと、いつも感じる小山さんの集中されているパワーとオーラのようなものに吹き飛ばされそうになりました!そして最後は「凄い、凄すぎる!」という感じです。圧唐ウれ感動しました。鳴り止まない拍手の中、何とアンコールを演奏して下さいました。多分ラフマニノフのプレリュードOp.32-12だったと思います。(間違ってたらごめんなさい)嬉しい事にサイン会もあり、本当に楽しいひと時でした。13日のオーチャード公演もとても楽しみです♪
Date: 2010/11/08/01:01:07 No.3289

Re:大宮でコンサート中に地震!
管理人@まさと
花葉さんへ

お久しぶりです。
大宮のコンサートへ行かれたのですね。
僕は仕事の関係で残念ながら行けませんでした。
地震のおまけ付でしたが最高のチャイコフスキーだったとの事。
次はオーチャードですね!
お会い出来ることを楽しみにしています。
Date: 2010/11/08/19:11:20 No.3293


▲Top
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

TOP Admin
 ★ Produce by Masato ★