← メールマガジンもお読みいただけます。

縮小拡大

[ 掲示板のマナーについて ] [ 記事検索 ] [ 記事修正・削除 ] [ 携帯電話用URL ] [ 過去の記事 ]

はじめての方のメッセージも大歓迎です!
コンサートの感想や小山さんへの応援メッセージなどをお寄せください。
ピアノの好きのあなたに50の質問は=>こちらです!
小山実稚恵さんのピアノで聴きたい曲は?=>こちらです!

お名前 ※ハンドル名(ネット上の仮名)で構いません。
メール ※未記入で も構いません。
U R L ※未記入でも構い ません。(ブログの U R Lも可能です)
Icon Icon
タイトル
メッセージ
A,FONT,Bタグのみ使用できます
文字色
投稿キー 投稿キー を右の欄に入力してから”書き込みボタン”を押して下さい
パスワード
※パスワードを設定しておくと削除、編集が出来ます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94][95] [96] [97] [98] [99] [100]


小山実稚恵さんのステキな魔法
Takashi Kurihara
拙ブログから転載の形ですが、素晴らしいリサイタルを聴かせて頂いたお礼です。ありがとうございました。
------


12年間24回リサイタルシリーズ2006-2017の11回目が福岡で開かれました。

小山さんは、音楽の深層への果てしない旅を、一人のピアニストとして、決然と敢行するために、このプロジェクトを構想したのだろうか。12年間24回というのは、並大抵の決意でできるものではないと思う。



ステージにたった小山さんは本当に美しかった。その美しさの正体がつかめないままに演奏が始まった。

ドビュッシー、ドビュッシー、ショパン(人間ショパン登場!舞台はドビュッシーのきらめく自然)、

ドビュッシー、ショパン、ドビュッシー、ショパン、ショパン(素晴らしい!このあたりでホールの反響を完全に把握した演奏に突入。プロフェッショナルの仕事は美しい)、

ドビュッシー、ドビュッシー(時間が消える。かわってピアノの音の粒が自在の時を作り出す。まぎれもないフランスの薫り。ドビュッシーのいないフランスはもはや考えられないくらい。あっ、そうか。小山さんの美しさは、どこかで日本の美を支えているから、際立っているのかも)、

ショパン(作品10-12「革命」だ。山場でも敢えて畳み掛けない。ぺダリングは決して急ではないがキッチリと効く。抑制された情熱は後半に燃え上がる。暴走とは全く違う迫力。凄い!)、ショパン(なんとラストが作品10-1。スケールの大きさは「革命」さえ圧倒している。見事な構成。脱帽!)。



休憩をはさんで、後半は、ドビュッシーの前奏曲集の第一と第二の全24曲から、12曲。



「霧」(2-1)から始まって、「亜麻色の髪の乙女」(1-8)でフィニッシュ。ここで、小山さん自身の「霧」の解説を引用してみましょう(当日のプログラムより):



  霧とは何でしょう。目の前のものが霞み、見えるものと

  見えないものの判別がつかなくなってしまう。

  手の届くところに世界は存在しているのだけれど、

  その世界は霧がかかって全様が見えない。

  霧の世界は謎に満ちていて、その存在自体が正体不明。

  はっきりしない調性感。手さぐりで進む世界。



この言葉そのままの演奏でした。感性と知性と技術が一体になって、ここから、ドビュッシーの多彩な世界が生み出されていくのでしょう。



ラストの亜麻色の髪の曲は、あこがれとも、幸せに溢れた想い出とも。夢見たり、頸をかしげたり、時や光が、まるで小山さんの指先から飛び出してくるみたい。

今度は、ドビュッシー自身の綴ったエッセイから、彼の考えを引用してみよう:



  大気のゆらめき、樹々の葉のそよぎ、そして花の香り。

  音楽は、これらのすべての要素を、

  自然な融和のなかで結び合わせることができる。

  だから、大衆のこころのなかの調和にむかう

  あこがれを伸ばすように、

  音楽を生かすことが、かんじんだ。

         (音楽論集「野外の音楽」より)



ドビュッシーは、「調和に向かう憧れ」を人の心の中で伸ばすことが、音楽の役割だと言っている。これが、音で自然の素晴らしさを再構成する彼のモティベーションだったのだ。「自然な融和のなかで結び合わせる力」は、たぶん、人間にも及ぶのだろう。

だから、何曲かのドビュッシーの後にショパンを聴いたとき、まるで自然の中で人が躍動しているイメージが喚起されたのかもしれない。自然と人物の二つの絵を並べて、同じことが起こるだろうか。

音楽だと、それが起こることを、今回体験できた。小山さんのステキな魔法のおかげで。
Date: 2011/05/29/19:57:24 No.3434

Re:小山実稚恵さんのステキな魔法
管理人@まさと
Takashi Kurihara さん

北九州市立響ホール での素晴らしい感想をありがとうございました。
ドビッシーの感想も素晴らしいですね。
演奏の様子が目に見えてくる様です。
僕も小山さんの魔法でいつも金縛りにあってます!
どうぞこれからも宜しくお願い致します。
Date: 2011/05/29/20:22:58 No.3435


▲Top

やっぱり最高でした!
toshi007
期待した通りコバケンさん率いる日本フィルとは息もピッタリ。始まったと思ったら吸い寄せられる様に聴き入り一気に最後まで。演奏が終った時は少し放心状態でした。この様な演奏を聴くことができて本当に幸せでした。終了後はCDのサイン会に初めて参加し小山さんの素直は人柄に一瞬で魅了されてしまいました。やっぱりこの様な演奏ができる方の人柄だ!と思った次第です。このときにも小山さんへ直接お伝えしましたが、これからもお元気で長く良い演奏を聴かせて頂きたいと思います。
Date: 2011/05/22/09:24:42 No.3424

Re:やっぱり最高でした!
管理人@まさと
toshi007 さん

はじめまして。
感想をありがとうございました。
終演後のサイン会にも参加されていたのですね。
小山さんもお喜びの事と思います。
どうぞこれからも宜しくお願いいたします。
Date: 2011/05/22/21:15:21 No.3426

無題
花葉
何日も過ぎてしまい恐縮ですが、私も聴きに伺いました。お先に書き込んでいる方と重複してしまいそうですが…ごめんなさい。
盛り沢山のプログラムで終演後は放心状態で、小山さんからサインを頂いた時もポーっとして大変失礼してしまいました。
今回も第1音から心に大きく響きました。この日は前方の席でしたが、以前聴いた2階の離れた席でも同じでした。どんな場所でも同じに届いて心打たれる演奏…本当に素晴らしいと思います!
また約2年前にリストを聴いた時は、パワフルで迫力満点な演奏に圧唐ウれましたが、確かに情熱的で絢爛豪華だけど、今回は内に秘めた深い想い、小山さんの暖かなお人柄…慈愛のようなものを感じました。同じリストの曲・日フィル・小山さんの演奏なのに不思議ですね。正に音の一期一会というのかなと思いました。
来月のオーチャードも初めてのドビュッシーがあるのでとても楽しみです♪
Date: 2011/05/26/20:02:14 No.3430

Re:やっぱり最高でした!
管理人@まさと
花葉さん

書き込みをありがとうございました。
久しぶりの小山さんのリスト。とても素晴らしかったですね!
そしてサイン会も参加されたのですね。
音の旅も始まりました!
オーチャードの小山さんのドビッシー楽しみにですね。
これからも宜しくお願いいたします。
Date: 2011/05/28/19:06:57 No.3431


▲Top

ピアノは日々生きている!
ぴあのふぉるて
初めまして。いつもまさと様の本サイトを楽しく拝読しています。
昨日の音響体験会、本当に素敵でしたね。
館長さんと小山さんの対談は大変興味深い内容でした。選定するときの様子もよくわかりましたね。演奏前に、どの質問にも丁寧にお答えくださり、感動しました(今回は「これだ」と、すぐ決まりました! ボディが良いピアノは響きが良い。ピアノは日々生きている。音色は天気やタッチや込める思いによって変わる。このスタインウェイの音色は自然でのびやか。これからどんどん育ちそうな気配…等)
選曲について「色々な音が聴いていただけるように選びました」とおっしゃっていたとおり、様々な音色が聴けてホントに素晴らしい演奏でした。(迫力の和音も優しいメロディも高音のトリルもすてき!) 拍手に応えてアンコール曲2つも弾いてくださいましたね。感激!
長々とお邪魔しました。では、また。
p.s.CD紹介もありがとうございます。
Date: 2011/05/23/07:15:25 No.3428

Re:ピアノは日々生きている!
管理人@まさと
ぴあのふぉるてさん

はじめまして。
いつもファンサイトをご利用いただきありがとうございます。
小金井市民交流センターのホール、そしてスタインウェイは素晴らしかったですね。
館長さんと小山さんの対談はピアノの選定の仕方など勉強になりました。小金井市民交流センターは小金井市民の文化の発信基地としてこれからも愛されるホールになって欲しいと思います。
どうぞこれからも宜しくお願いいたします。
Date: 2011/05/26/19:35:36 No.3429


▲Top

しなやかな強靭さ
篠村友輝哉
昨日、サントリーホールでのリストピアノ協奏曲第1番の演奏を拝聴させていただきました。
度重なる出来事の連続に、ひっそりと小山さんのことを心配してしまっていたのですが、この日のリストはそんな私のおせっかいな心配を吹き飛ばしてくれる、素敵な演奏でした。
第1楽章。壮大な出だし。一音一音、しっかりと重厚に奏でられるオクターヴの響きが、胸にずしんと響きます。細やかなパッセージの鮮やかさは、小山さんならではのもの。胸のすくような快演です。美しき第2楽章のテーマは、小山さんの心からあふれる情緒豊かな歌心が、心の琴線に触れました。いかにもリスト、といった悪魔的な部分も、持ち前のしなやかさで見事に表現されていました。第3、第4楽章の躍動感、軽やかさ、パワフルさ、おおらかさ、繊細さ・・・この曲のあらゆる魅力を十二分に引き出す演奏に、聴衆の皆さまはもちろん、リストも、そして田村先生も・・・心を抉られたと思います。
私は今まで、この曲を聴いて涙を流したことがありませんでしたが、この日の演奏は、目頭が熱くなり、涙線もゆるみ、こみあげる気持ちが素直に表れてしまいました。音楽のもつ、「一期一会」の力は、やはり素晴らしいですね。リストのコンチェルトの新たな魅力を感じ、発見させていただきました。

また、サイン会ではまさとさんともようやっとお話させていただくことができ、私にとって忘れられない一日となりました。まさとさん、これからもよろしくお願いします。

そしていよいよ「音の旅」が始まります。特に、ドビュッシーは、小山さんの演奏ではなかなか聴けていないので、オーチャードの日が楽しみです。小山さん、健康には十分留意されて、聴衆の方々と音の旅を楽しんでいってください。応援しています!
Date: 2011/05/22/20:52:50 No.3425

Re:しなやかな強靭さ
管理人@まさと
友輝哉さん

昨日はお会い出来て僕もとても嬉しかったです。
友輝哉さんは想像していた通りの好青年でした。
ピアノの勉強は大変と思いますが、どうか沢山練習をして頑張って下さい。
またお会い出来る日を楽しみにしています。。。
Date: 2011/05/22/21:18:22 No.3427


▲Top

訃報。田村宏先生
管理人@まさと
小山実稚恵さんの恩師であります田村宏先生が18日午後1時33分、肺炎のため
東京都新宿区の病院で残念ながら死去されました。87歳。
謹んでお悔やみ申しあげますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。

http://michiekoyama-fan.com/tamura.html

http://www.yomiuri.co.jp/national/obit/news/20110518-OYT1T01249.htm
Date: 2011/05/19/20:29:26 No.3423


▲Top

市民センターで
ロシア音楽大好き
小山さんが、私の自宅近くの市民センターで演奏会を開いてくださいました。
ええと、、とっても席が近く、音もダイレクトなので驚きました。なんといってもこんな田舎の市民センターに小山さんがいらしてくださったことが信じられません、、、演奏後には快くサインを頂いて、いまだに信じられない状態で帰ってきました。
私がまだ学生のころに小山さんの演奏会に行って、10年くらい経ちます。仙台はもちろん、東京、大阪でも演奏を聴きに行きました。災難ではありましたが、ひさしぶりに音楽が聴けたことと、やっぱり小山さんにあえてよかったです。
Date: 2011/05/14/20:48:03 No.3420

Re:市民センターで
管理人@まさと
ロシア音楽大好きさん

こんにちは。
被災地での小山さんのコンサートに行かれたのですね。
小山さんもロシア音楽大好きさんにお会いできて喜ばれた事でしょう。
仙台も大変な事になりましたが皆さんの頑張りで一日も早く復興される事を節に願います。

Date: 2011/05/15/16:30:01 No.3422


▲Top

被災地での活動について!
管理人@まさと
ファンの皆様へ

小山さんが岩手の被災地で行った演奏についてFM岩手さんが紹介しています。
(このファンサイトにもリンクをして頂いています。ありがとうございます。)
小山さんの素晴らしい演奏で沢山の方が感動されているとの事です。
またこの演奏の様子がrajiko(ネットラジオ)でも視聴出来る様です。
(radiko.jp復興支援プロジェクトと言うサイトで、18日に放送される予定)

http://furusato.fmii.co.jp/kamaishi/2011/05/10/%e5%8f%96%e6%9d%90%ef%bc%a0%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%88%ef%bc%81/

Date: 2011/05/13/19:48:40 No.3417

復興祈るピアノの音色 小山実稚恵さん慰問演奏
管理人@まさと
岩手日報の最新ニュースです!

世界で活躍する盛岡市出身のピアニスト小山実稚恵さんは10、11の両日、東日本大震災で被災した釜石市と宮古市で慰問演奏。小山さんと子どもたち、響き合う心と心。困難な状況にあって、音楽は決して無力ではないことを強く感じた2日間だった・・・・

http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20110514_13
Date: 2011/05/14/16:43:00 No.3418

Re:被災地での活動について!
りらっくま
管理人様 皆様 はじめまして。
仙台市に住んでおります。
昨日、小山さんが近くのコミュニティセンターで演奏してくださいました。
被災者への小さな演奏会でしたが演奏は素晴らしいものでした。

市民センターの普通の会議室・・・。
「本当にこんなところに来るの?」って思ってたけど ホントでした〜〜〜
小山さんはドレスではなく、ブラウスとスカート。司会もご自分で・・・。
それでもオーラが凄かった! 癒しのオーラもいっぱいでした。
優しい方なんだなぁって伝わって来ました。
1時間の演奏会に12曲(10〜12はアンコールです)
プログラムが無かったから、頭で覚えてきました。

1  ノクターン20番   ショパン
2  ワルツ7番      ショパン
3   革命エチュード   ショパン
4  ノクターン2番    ショパン
5  幻想即興曲     ショパン
6  トロイメライ    シューマン
7  エリーゼのために  ベートーベン
8  愛の夢       リスト
9  ラ・カンパネラ   リスト
10  華麗なる大円舞曲  ショパン
11  小犬のワルツ    ショパン
12  上を向いて歩こう 

最初の曲は震災で犠牲になった方への祈りの曲。みんな涙しました。
2曲目以降は力強くなれる曲や、人を想う愛を込めた曲を・・・。
選曲も素晴らしいと思いました。
2〜3メートルの距離で聴くって凄い! ホールでは味わえない体感です。
音はもちろん、弾いてる指も間近に見れてラ・カンパネラは圧巻でした! 
「あ〜〜〜 聴けて良かった」 

最後の「上を向いて歩こう」は歌詞が配られ小山さんのピアノに合わせみんなで歌いました。本当に心温まる演奏会でした。

小山さん、素敵な演奏をありがとうございました。

・・・長々とすみませんでした。
Date: 2011/05/14/18:43:35 No.3419

Re:被災地での活動について!
管理人@まさと
りらっくまさん

被災地でのコンサートの感想をありがとうございます。
プログラムも全てご紹介を頂き本当に嬉しく思います。
アンコールは上を向いて歩こうを皆さんで合唱されたのですね。
ピアノの美しい音の響きが被災地の皆さんの心へ届き、音楽の持つ力を小山さんもきっと再確認された事と思います。
被災地の復興を心から願っています!どうぞ皆さん、頑張って下さい。
Date: 2011/05/15/15:15:44 No.3421


▲Top

小山さんのインタビュー情報
sotto voce
ツイッターで情報を得ました。
http://ed.ruvr.ru/data/2011/05/10/1228530152/11-05-10%20-%2017_00.mp3
(起動するのに少し時間がかかるようです)

ロシアの声という ロシアの短波放送です。1時間の放送の30分すぎたあたりで小山実稚恵さんのラフォルジュルネのコンサートでのインタビューを聞けます。
Date: 2011/05/12/21:23:03 No.3415

Re:小山さんのインタビュー情報
管理人@まさと
sotto voceさん

ロシアの短波放送の情報をありがとうございました。
確かに、小山さんがインタビューに答えていますね。
この時期に、ロシアより日本にこられたウラル・フィルハーモニー管弦楽団の皆さんにも感謝いたします。
また、被災地での演奏についてもお答えしていましたね。
また、情報がありましたら宜しくお願いいたします。
Date: 2011/05/13/19:42:47 No.3416


▲Top
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94][95] [96] [97] [98] [99] [100]

TOP Admin
 ★ Produce by Masato ★