← メールマガジンもお読みいただけます。

縮小拡大

[ 掲示板のマナーについて ] [ 記事検索 ] [ 記事修正・削除 ] [ 携帯電話用URL ] [ 過去の記事 ]

はじめての方のメッセージも大歓迎です!
コンサートの感想や小山さんへの応援メッセージなどをお寄せください。
ピアノの好きのあなたに50の質問は=>こちらです!
小山実稚恵さんのピアノで聴きたい曲は?=>こちらです!

お名前 ※ハンドル名(ネット上の仮名)で構いません。
メール ※未記入で も構いません。
U R L ※未記入でも構い ません。(ブログの U R Lも可能です)
Icon Icon
タイトル
メッセージ
A,FONT,Bタグのみ使用できます
文字色
投稿キー 投稿キー を右の欄に入力してから”書き込みボタン”を押して下さい
パスワード
※パスワードを設定しておくと削除、編集が出来ます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90][91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]


700000Hit
管理人@まさと
ファンの皆様へ

気がついたらファンサイトが 700000Hit してました。
これからも宜しくお願いします!
Date: 2011/08/25/19:27:24 No.2960


▲Top

さいたま市のチケット予約しました
sakura6809
7/15東京文化会館は聴けませんでした。
何年かぶりに小山実稚恵さんのピアノを聴きたくなってきた所なのですが、やはりだいぶ前から予定を空けておかないとコンサートって、なかなか行けないものですね。というわけで、10/16さいたま市のコンサートのチケットを予約しました。
それだけでは、東京文化会館の演奏を聴けなかった残念さがまぎれないので、かわりに昔の小山さんの演奏テープを聴きなおしていました。
「1983年NHK若い芽のコンサート」(指揮 大友直人 Pf 小山実稚恵)「チャイコフスキーPfコンチェルト1番」
昔、何十回も聴いた為、ヨレヨレのテープですが、その後の活躍を感じさせてくれるスケールの大きな演奏です。10/16のコンサートも同じチャイコフスキーの1番、今度こそは聴き逃さないようにしたいと思います。
Date: 2011/07/17/22:46:47 No.3490

Re:さいたま市のチケット予約しました
管理人@まさと
sakura6809さん

こんばんは。
書き込みをありがとうございます。
東京文化会館は残念ながらお見えになれずとの事ですが10月の埼玉はチケットを取られたとの事ですね。
1983年NHK若い芽のコンサート、とても懐かしい演奏ですね。小山さんも懐かしく思い出されている事と思います。
10月の埼玉でお会い出来ると嬉しいです。
どうぞこれからも宜しくお願い致します。
Date: 2011/07/18/19:13:42 No.3493

Re:さいたま市のチケット予約しました
sakura6809
チケットを予約してから、ひと月も経ってようやくローソンへ行ってLoppiで発券してチケットを受け取りました。初めて使う機械って、とにかく面倒くさかったです。でも、座席も確認できて、10/16のさいたま市が楽しみです。
また古い話題ですが、小山さんの写真がありました。フラッシュで、もとの写真が光ってしまってますが、左は西塚俊一氏、右側は安川先生でしょうか?よくわかりません。ショパンコンクール直後の頃だと思います。http://t.co/nJh2D7j
Date: 2011/08/17/21:42:32 No.3502


▲Top

次回 仙台
ロシア音楽大好き
次回はちなみに、2012年1月15日です。ラフマニノフの音楽なので、??真冬にぴったりですね。

行けますようにーー。
Date: 2011/08/14/10:09:00 No.3501


▲Top

次回
ロシア音楽大好き
次回の音の旅仙台公演は来年なんですよね、、。ロシアの作品が多いから、雪が舞ってくれないかしら、なんて思ってます。春と秋の季節感を楽しんで会場に行くのですが、来年は真冬ということで、プログラムにぴったりだわ。と思ってます。

小山さんの紫のドレス、素敵でした。仙台公演はギリシャ神話の女神をイメージさせるような、くすんだ紫色でした。
このサイトでアップされている、東京公演のドレスも素敵でしたね。デザインが今までに見たドレスで1番好きです。思い出に残っているドレスはいっぱいありますが、うーーーん、、東京公演のドレス、、、素晴らしい!!!
Date: 2011/08/08/22:26:57 No.3499

Re:次回
管理人@まさと
ロシア音楽大好きさん

こんにちは。
いつも書き込みをありがとうございます。
オーチャードでの小山さんの衣装はとても素敵でした。
毎回テーマ色のイメージによるドレスを拝見するのもコンサートの楽しみの一つになっています。
小山さんは、何千と言うコンサートをされて来ていますので、衣装の数も相当有る事でしょう!小山実稚恵の世界、次回のドレスも楽しみです!!
Date: 2011/08/10/09:37:11 No.3500


▲Top

8月1日 仙台
ぽん
はじめまして。
初めて小山さんのコンサートに行きました。とても感動して、なんと表現して良いやら・・・席がかなり前のほうだったので小山さんの指も表情も見れて、すごい迫力でした。曲ごとに弾き方や音が変わっていて、もうとにかくすごいと思いました。
サイン会は、私は最後のほうに並んだのですが、演奏・たくさんの人へのサインで疲れていらっしゃるはずなのに、笑顔で私とお話してくださって嬉しかったです。年下の私がいうのもなんですが、小山さんってチャーミングなお方だなって思いました。
演奏、小山さんのお人柄に触れ、たった一日で完璧に小山さんのファンになってしまいました。
Date: 2011/08/02/01:17:26 No.3496

Re:8月1日 仙台
管理人@まさと
ぽんさん

はじめまして。
書き込みをありがとうございました。
小山さんの演奏を間じかで見れて良かったですね。
サイン会でもお話をされたのですね。
小山さんの応援をこれからも宜しくお願い致します。
Date: 2011/08/07/19:10:04 No.3498


▲Top

音の旅 仙台
ロシア音楽大好き
こんばんは。
先ほど、演奏会に行ってきました。
素敵でした、、、仙台は今日は涼しくてあいにくの曇り空でしたが、ドビュッシーの曲を聴くと、この曇りこそがなかなか、似合ってるんでははいかしら、、なんて思ってしまいました。霧がかかっていてなかなか情景が見えないのに、それが幻想をよんでいるみたいな、、。不思議な音の世界ですよね。CDを聞いてもかすんで見えない世界が伝わるので、生の演奏を聴いたときには恍惚の世界に入ってしまいました。浮遊しているような。フランスの音楽は聴くとこのような世界に入ってしまうことがあるので、なんともおもしろいし、不思議です。
ショパンも素敵でしたが、私は今回はドビュッシーがなんとも印象的でした。小山さんのドビュッシーを聞くのが初めてだからでしょうか。。気まぐれで、無邪気な音が自由に戯れているようでした。特に‘花火‘が技巧的にも視覚的にも圧巻でした。第1部、第2部のそれぞれの一番最後の曲がプログラム構成の素晴らしさを表していると感じました。
特に後半、曲一つ一つから匂いみたいなものさえ感じるほど、不思議な浮遊空間にいるみたいでした。私はドビュッシーを聞くとこうなってしまうのはわかっていたのですが、生演奏だと本当に浮いているようでした。それぞれの曲から、違う香りがたちこめてきて、音の旅ではいつも素敵な思い出がありますが、今回は特に??印象深いものになりました。
サイン会も楽しかった、、。素晴らしい演奏会でした。
Date: 2011/08/01/23:49:55 No.3495

Re:音の旅 仙台
管理人@まさと
ロシア音楽大好きさん

仙台の音の旅、順延になりましたが、仙台市青年文化センターも再開できて本当に良かったですね。
小山さんにとっては、音の旅の中でも恐らく仙台での演奏が一番思い入れ多い旅だったと思います。
ロシア音楽大好きさんの感想をまたお待ちいたします。
Date: 2011/08/07/19:01:31 No.3497


▲Top

本日発売の週刊新潮に小山さんの記事が掲載
管理人@まさと
ファンの皆様へ

本日発売された週刊新潮に小山さんが、マルコとルビンと共に掲載されています。
どうぞ皆さん、本屋へ・・・

■■■ テンポ ■■■
▼マイオンリー 小山実稚恵  43ページに掲載

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/backnumber/20110721/

Date: 2011/07/21/9:17:34 No.3494


▲Top

入魂の演奏
篠村友輝哉
昨日、東京文化会館にて、チャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番を聴かせていただきました。
チャイコフスキーの作風を「万華鏡のよう」とおっしゃっていた小山さん、その万華鏡のように光の当たりかたによって微妙に色が変化する衣装で演奏されました。
第1楽章の雄大な序奏。ロシア音楽らしい重厚な和音を、しっかりと奏でてゆきます。音楽が進むにつれて、小山さんらしい入魂の度合いがどんどん増していきます。オーケストラと一体になって歌いあげられるロシアの魂・・・第2楽章はなぜだか聴くたびに猛烈にノスタルジー、懐かしさに襲われるのですが(特に中間部を経て主題が再現されるところから)、この日の演奏はいつにもましてそれが心をふるわせ、ため息がでてしまいます。その余韻に浸っていると、対照的な主題で始まる第3楽章が始まりました。小山さんもそうですが、私もスイッチを切り替えました。歯切れのよいタッチとアクセントからくるこの上ない躍動感、抒情的な旋律のたっぷりとした歌いくちのなんと胸のすくことでしょうか。そして、感動的なラスト。変ロ長調で歌い上げられる、ロシアの魂・・・ラフマニノフやスクリャービンの協奏曲もそうですが、ロシアの協奏曲の長調の旋律は、長調なのに切ない、なんともいえない郷愁に飲み込まれます。昨日のチャイコフスキーのラストの部分ではそれに心を突き動かされ、もう感涙するばかりです!魂が震えるというのはこういうことを言うのだと強く感じました。現在までのところ、今年一番の感動です。鮮やかな入魂の演奏に、いまだに胸がいっぱいです・・・小山さんのご先祖様は、きっと本当にロシア人でいらっしゃるのでは?
本当に充実した一日でした。ありがとうございました。

また、後半のショスタコーヴィッチの演奏中、地震がありましたが、客席がどよめく中、集中した熱演をしてくださったフェラネッツさん、東京ニューシティ管の皆さん、本当にありがとうございました。

次の小山さんの演奏会は、このまま予定が入らなければ、10月の埼玉でのロシア・コンチェルトとなります。楽しみにしています。
Date: 2011/07/16/16:49:43 No.3489

Re:入魂の演奏
管理人@まさと
篠村友輝哉さん

いつもの素晴らしい感想をありがとうございます。
小山さんと同じくピアノをこよなく愛されている篠村さんの感想を読ませて頂くと、篠村さんも小山さんと共通する音楽の世界をお持ちでは、と思います。
少し先になりますが10月の埼玉でまたお会い出来ることを楽しみにしています。
Date: 2011/07/18/19:07:13 No.3492


▲Top
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80] [81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90][91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

TOP Admin
 ★ Produce by Masato ★