← メールマガジンもお読みいただけます。

縮小拡大

[ 掲示板のマナーについて ] [ 記事検索 ] [ 記事修正・削除 ] [ 携帯電話用URL ] [ 過去の記事 ]

はじめての方のメッセージも大歓迎です!
コンサートの感想や小山さんへの応援メッセージなどをお寄せください。
ピアノの好きのあなたに50の質問は=>こちらです!
小山実稚恵さんのピアノで聴きたい曲は?=>こちらです!

お名前 ※ハンドル名(ネット上の仮名)で構いません。
メール ※未記入で も構いません。
U R L ※未記入でも構い ません。(ブログの U R Lも可能です)
Icon Icon
タイトル
メッセージ
A,FONT,Bタグのみ使用できます
文字色
投稿キー 投稿キー を右の欄に入力してから”書き込みボタン”を押して下さい
パスワード
※パスワードを設定しておくと削除、編集が出来ます。


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80][81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]


ファンサイト 8周年記念日
管理人@まさと
ファンの皆様へ

いつも小山実稚恵さんのファンサイトをご利用頂きありがとうございます。
皆様のお陰で開設8年目を迎える事が出来ました。
小山実稚恵さんと、ファンの皆様のパイプ役としましてこれからもお役に立てます様に
運営をさせて頂きますので宜しくお願い申し上げます。

      小山実稚恵さんファンサイト管理人  まさと

Date: 2012/03/03/10:08:40 No.3678


▲Top

究極の世界
篠村友輝哉
先日のさいたまでのバッハ公演を拝聴いたしました。小山さんが常々大好きだとおっしゃっておられるバッハを今回まとめて演奏されるということで、開演前の楽しみもひとしおです。
平均律第2巻からの第15番は光に満ちた明るい音色がホールをかけめぐります。特にフーガの解釈は新鮮で、演奏が始まった瞬間は目の覚めるような思いがしました。カプリッチョはバッハの作品としては珍しく、情景描写や心情が描かれていますが、これも伸びやかな音色ですばらしかったです。温かな愛のようなものに包まれた変ロ長調の響きは本当に心地がよかったです。そして、ゴルトべルク変奏曲です。冒頭のアリアからしてその音色の美しさに感嘆。慈しむように弾かれるアリアは一音一音がこの上ない響きに満ちていました。各変奏のキャラクターの表現も小山さんらしさが感じられました。変奏曲に身をゆだねていると、日ごろのいろいろなことが体の中から浄化されていくのがわかるのです。これぞ究極の癒し。短調の変奏の受難的な表現では、聴く者に生きることを考え感じさせ、場内の空気を一変させます。それによりそのあとの変奏がなんと軽やかに開放的に響くことでしょうか。曲も後半になると神々しい輝きに包まれてゆき、最終変奏「クオドリべト」ではこの何とも言えない感慨の深さ、一音一音に託されたバッハと小山さんの想いが胸に染み入り、目頭が熱くなります。最後にたどりついたアリアでは宇宙規模のこの変奏曲の最後、バッハとの静かなる対話を締めくくる小山さんの弾きぶりは慈愛に満ち、場内を神々しい静かな感動に包みました。最後の静寂は、わすれられないものです。まさに究極のアリア。

改めてバッハという人物の計り知れない偉大さ大きさに圧倒されました。その世界は無限の広がりをもつように感じます。
またいつか、小山さんのバッハをじっくりとお聴きしたいです。
Date: 2012/02/28/17:34:12 No.3671

Re:究極の世界
管理人@まさと
友輝哉さん

彩の国でもお会い出来て嬉しかったです。
最後のアリアは本当に感動的でした。
やはりバッハは他の作曲家とは違う超越した世界を感じますね。
次は5月頃にお会い出来るかもですね。
またお会い出来ることを楽しみにしています。
これからも宜しくお願いいたします。
Date: 2012/03/03/10:04:31 No.3677


▲Top

久しぶりのゴルトベルク変奏曲
MIKENEKO
他のピアニストで2回ほどリサイタルを聴きましが、いつも荘厳な雰囲気に包まれて…バッハを聴いているという思いです。めったに聴ける曲ではないので楽しみにしていました。
 小山さんの表情とバッハの曲が一体になって、聴く私のほうも緊張しました。またバッハの曲を演奏して下さい。
 私は東京フィルの定期会員なので、3月のラヴェルの協奏曲が楽しみに聴きに行きます。まさとさんも行っていたのですね。
Date: 2012/02/27/16:29:35 No.3670

Re:久しぶりのゴルトベルク変奏曲
管理人@まさと
MIKENEKOさん

書き込みをありがとうございました。
僕もバッハの世界を味わっていました!
小山さんのバッハは僕に取りましてもとても貴重な時間でした。
3月のラベルへも僕も行く予定です。
小山さんのラベルもあまり聴く機会が無いので、お互い楽しみですね。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。
Date: 2012/03/03/10:00:57 No.3676


▲Top

素晴らしかったです!!
花葉
彩の国さいたま芸術劇場の公演行って来ました。オールバッハのプログラム、私は初めてで期待に胸膨らませて伺いました。
平均律を改めて聴くと、これぞ音楽の原点と身が引き締まる思いがしました。
続く最愛の兄の旅立ちに寄せるカプリッチョ、初めて聴きましたが、タイトルの情景が目に浮かび、心が暖まる優しい音色でした。
そしてゴルトベルク、もう言葉にできない位素晴らしかったです!小山さんの紡ぎ出す音が無限大に広がってゆくようで、客席の集中力も凄く、その空間が何とも言えないものでした。最後の一音がすーっと消えて静寂に包まれた時、私は人生初、鳥肌が立ちました!本当にこの場にいる事ができて幸せに感じました。
来月東フィルさんとのラヴェルの協奏曲の公演、仕事で行く事ができず残念で残念でたまりません(涙)でも昨日のバッハの感動を胸にして、仕事など頑張りたいと思います。
小山さん、本当にありがとうございました。

Date: 2012/02/26/20:24:46 No.3669

Re:素晴らしかったです!!
管理人@まさと
花葉さん

彩の国さいたまでは色々とお世話様になりました。
小山さんの生のバッハを久しぶりに聴かせて頂きましたね。
やはりバッハは特別な存在でその宇宙的で超越した音楽はとても魅力的ですね。小山さんのゴルトベルクも最高に素晴らしかったです。
また機会があれば、小山さんのバッハを聴きたいですね。
Date: 2012/03/03/09:57:11 No.3675


▲Top

ピアノロマンの極み
篠村友輝哉
杉並公会堂で行われました小山さんプロデュース公演に伺いました。昨年生誕200年を迎えたリストを軸としたリサイタル、想像を超えた感動を与えてくださいました。
今回のリサイタルのテーマ「献呈」がそのままタイトルになったシューマン=リストの「献呈」でコンサートは柔らかに幕を開けました。ショパンの練習曲からはショパンの才能がほとばしる第1曲と、メッセージ性が強い第12曲「革命」が抜粋されました。どちらの曲も小山さんの美しき音色が、杉並公会堂のスタインウェイそしてホールの響きと相まって、ショパンの格調高い世界を表出します。続くのはシューマンの「子供の情景」。この演奏が言葉にならないほど素晴らしかったのです。柔らかな音色で紡がれる豊かな和声はこの上なく美しい品格に満ち溢れ、シューマンの優しく繊細な人間性を描いてゆきます。「トロイメライ」は涙なしに聴けたでしょうか。真に密な時間でした。ほの暗く悲しい、祈りにも満ちた鐘の音を響かせた「ラ・カンパネラ」で前半は締めくくられました。
後半のシューマン「幻想曲 第3楽章」も「子供の情景」同様、ため息をつきたくなるほどの美しさ。シューマンの内面の吐露が小山さんによって聴衆に温かな余韻をもって伝えられました。いよいよ今回のメインリストのソナタです。森の奥に潜む得体のしれないなにか―それは悪魔(メフィスト)でしょうか―が迫ってくるような、狂気じみたその迫力は息をのむほど圧巻でした。哲学的で幻想的、そしていろいろな意味での二面性をもつこの大作を、持ち前の高次な集中力でもって演奏されました。終わりのH(シ)の音の意味深長さも素晴らしかったです。

このような数々の傑作が同時代に生まれていたことはやはり驚嘆に値します。それらが今回一度に会し、小山さんの手によって演奏され、それらがもつ永遠の新鮮さを改めて実感いたしました。


さいたまのゴルトベルクも楽しみにしています。
Date: 2012/02/18/15:42:26 No.3665

Re:ピアノロマンの極み
管理人@まさと
友輝哉さん

いつも素晴らしい感想をありがとうございます。
杉並公会堂でのリサイタル。少し時間が立ってしまいましたが、友輝哉さんの感想を読み直し、当日の感動を再び感じています。
3月は仕事の都合で中々時間が取れない状況ですが、それを過ぎればまた色々と時間が作れます。
まずは最近の主流と成りつつあるスマートフォーンでも見易いファンサイトを作成したいと思います。3月内にはオープンしたいと思いますので、これからも宜しくお願いいたします。
Date: 2012/03/03/09:51:36 No.3674


▲Top

Vocalise
実稚恵さまの微笑み
11月の音の旅九州公演から早2ヶ月・・・。
随分、実稚恵さまの演奏から遠ざかっているような気がします。

さびしさを感じる毎日ですが、今日、帰宅して寛いでいると先日
SONY MUSIC SHOPのページで予約していた実稚恵さまの新譜
CDが、発売1日前の1月24日指定で届きました。(涙。。)

ファンサイトに掲載されていた淡黄色のドレスに身を包んだジャ
ケット写真を目の当たりにし感動しながら早速、1曲目から聴き
初めました。

まさとさんの紹介にあったように静かな曲が並んだ構成ですが、
とても深いというか、どの曲を聴いても涙が溢れてくるような
心の奥底に響く演奏でした。

外は小雪が舞っていますが、この雪に包まれて深い静寂の世界
へ誘われたい・・・ そんな気持ちになるような1枚でした。

鎮魂と復興の道標となる素晴らしい演奏。しばらくは離れること
ができず聴きつづけることになりそうです。
Date: 2012/01/24/22:33:08 No.3638

Re:Vocalise
管理人@まさと
微笑みさん

お久しぶりです。
お元気でしょうか?
Vocalise の感想を早速ありがとうございました。
CDは一日早い24日にお聴きになられたのですね。
鎮魂と復興の道標となる素晴らしい演奏。正にその通りで僕もその様に感じています。
1曲1曲に思いを込めた小山さんのお気持ちが心に暖かく伝わってくる思いです。
僕も微笑みさんと同じく、しばらくVocaliseに酔いしれたいと思います。
またお会い出来ることを楽しみにしています。
東京においでの際は、どうぞお声がけください。
Date: 2012/01/25/20:51:56 No.3643

Re:Vocalise
jacky
本当にセンスの良い選曲と演奏で、今後も大切な愛聴盤になる気がします。

以前から小山さんのパワフルな演奏とともに、ピアニシモの美しさが素晴らしいと感じてきた私ですので、このアルバムはその美点を堪能させてくれるものです。

静かな曲が多いのに、全体の印象が小ぶりになっていないところがいかにも小山さん!です。

※チャイコフスキー、私が持っている楽譜・他の録音のどれとも違う音が鳴っていて興味深く感じます(以前オーチャードホールのアンコールで弾かれた時もそうでした)。小山さんは何版の楽譜を使用しておられるのでしょうか?
Date: 2012/02/07/00:46:33 No.3661

Re:追伸
jacky
19日夜にNHK-FMで、先日の関西フィルとのブラームスP協,放送されるようですね!
Date: 2012/02/12/15:56:31 No.3662

Re:Vocalise
管理人@まさと
jacky さん

こんにちは!
いつもホットな情報をありがとうございます。
NHK-FM の放送は、僕もまだ聞いていない情報です!
いつもありがとうございます。
放送日が日曜の午後7:20〜午後9:00と最高の時間ですね。
楽しみです。

こちらですよね!
   ↓
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2012-02-19&ch=07&eid=88422


昨日はルネこだいらでのリサイタルでしたが、サイン会でもヴォカリーズのCDは大人気でした!何度聴いても心が洗われる気持ちになります。
Date: 2012/02/12/16:07:22 No.3663

Re:Vocalise
jacky
レコード芸術・特選おめでとうございます。
シューベルト・アルバム以来5年ぶりの快挙ですね!
このヴォカリーズは聴けば聴くほど質が高いと思います。
Date: 2012/02/21/22:39:23 No.3666

Re:Vocalise
管理人@まさと
jacky さん

仕事に追われ、お礼の返事が遅れましたがいつも情報をありがとうございます。
レコード芸術・特選、ファンに取りましてもとても喜ばしい事ですね。
ヴォカリーズ、聴けば聴くほど心が和みます♪
Date: 2012/03/03/09:45:45 No.3673


▲Top

2/17・杉並公会堂
morizou33
いつもは中間位の席ですが、今回は初めて最前列の席で拝聴しました。ピアノの音を直接的に聴く感じでしたが、小山さんの奏でる音は美しい繊細さの中に強靭さや大胆なところも含むとか本当に素晴らしく、いつになく感激いたしました。能楽の世阿弥の花伝書に「曲趣を究める難易度の九段階のうち、上の四ランクが「花」の段階で、その特色は「妙・深・純・正」の四文字で示される」と書かれていることを、最近ある書で見ましたが、昨日は各レパートリーの中でこのことを実感させていただきました。来月は調布グリーンホールでの演奏を拝聴の予定でおりますが、とても楽しみで待ちきれない感じでおります。有難うございました。
Date: 2012/02/18/10:13:04 No.3664

Re:2/17・杉並公会堂
管理人@まさと
morizou33 さん

書き込みをありがとうございました。
調布での「皇帝」楽しみですね!

小山さんが特に好まれているコンチェルトは

ラフマニノフ・ピアノ協奏曲第3番
モーツァルト・ピアノ協奏曲第27番
ベートヴェン・ピアノ協奏曲第5番「皇帝」

なので、調布での皇帝は小山さんもとても楽しみにしています。
これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。
Date: 2012/03/03/09:42:27 No.3672


▲Top

月刊ピアノ
花葉
こんにちは。
先日発売の3月号に、小山さんの記事があります。素敵なお写真と新譜ヴォカリーズについてのインタビューが掲載されています。
25日さいたまのバッハの公演♪♪とっても楽しみです!!
Date: 2012/02/22/00:11:05 No.3667


▲Top
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21] [22] [23] [24] [25] [26] [27] [28] [29] [30] [31] [32] [33] [34] [35] [36] [37] [38] [39] [40] [41] [42] [43] [44] [45] [46] [47] [48] [49] [50] [51] [52] [53] [54] [55] [56] [57] [58] [59] [60] [61] [62] [63] [64] [65] [66] [67] [68] [69] [70] [71] [72] [73] [74] [75] [76] [77] [78] [79] [80][81] [82] [83] [84] [85] [86] [87] [88] [89] [90] [91] [92] [93] [94] [95] [96] [97] [98] [99] [100]

TOP Admin
 ★ Produce by Masato ★